人間ドックのご案内

その他のオプション検査詳細

腫瘍マーカー検査

CEA

消化器系のがん、とくに大腸がんの腫瘍マーカーです

CEA(がん胎児性タンパク抗原)は胎児の消化器細胞だけにあるタンパクの一種ですが、がん細胞が増殖している組織内からも作られ、大腸がん、肺がん、胃がんなどで上昇し、再発や転移の早期発見やがん治療後の経過観察にも有用です。

AFP

肝臓がんの腫瘍マーカーです

AFP(αフェトプロテイン)は、胎児の血清中にみられるタンパクの一種で、出生後は消失しますが、肝臓がんや肝硬変、慢性活動性肝炎で上昇します。肝臓がんの腫瘍マーカーとして有用です。

CA19-9

消化器系のがん、とくに膵臓がんの腫瘍マーカーです

CA19-9は消化器がんの中でも、とくに膵臓がんに特異性の高い腫瘍マーカーです。膵臓がん、胆道がんで高い陽性率を示すほか、胃がん、大腸がん、肝臓がんでも上昇することがあります。

シフラ

肺がんの腫瘍マーカーです

シフラ(サイトケラチン19フラグメント)は、肺がんのうち扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんなどの非小細胞がんで陽性率が高く、病気の診断、経過や治療成績の判定に役立ちます。

PSA

前立腺がんの腫瘍マーカーです

PSAは前立腺に特異的にみられる腫瘍マーカーで、前立腺がんや前立腺肥大で上昇します。前立腺がんの早期発見に有効です。

※前立腺全摘術を受けられた方はご受診いただけません。

CA125

卵巣がん、子宮体がんの腫瘍マーカーです

CA125は卵巣がん、子宮体がんに特異な反応を示す腫瘍マーカーです。子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫や良性卵巣腫瘍などでも上昇します。妊娠初期や月経時にも一過性の上昇がみられることがあります。

SCC

扁平上皮がん(肺がん・食道がん・子宮頸がん)の腫瘍マーカーです

SCCは扁平上皮がんに対して陽性を示す率が高く、肺や食道の扁平上皮がんや子宮頸がんで上昇します。シフラ・CA125との併用をお勧めいたします。

C型肝炎検査

C型肝炎ウイルス(HCV)の感染の有無を調べます。

肝炎のほぼ7割がこのHCV感染であるといわれています。感染したHCVが肝臓に住みついた状態をHCVキャリアといいますが、現在、日本人の約200万人がHCVキャリアと見られています。HCVによるC型肝炎は、慢性肝炎を経て肝硬変、肝臓がんへと進行することもあります。

このような方にお勧めします 検査種別 料金
(税別)
検査時間
  • HCV検査を受けられたことのない方
  • 過去に輸血されたことがある方
血液検査 2,500円 --

甲状腺検査

甲状腺の機能を調べます。

甲状腺から分泌されるFT3(遊離トリヨードサイロニン)、FT4(遊離サイロキシン)と脳下垂体から分泌されるTSH(甲状腺刺激ホルモン)の3項目を検査します。

甲状腺の病気は女性に多く、自覚症状が無く進行することが多いので早期発見に重要な検査となります。甲状腺機能亢進症(バセドウ病)では、FT3、FT4が上昇し、TSHが減少します。また、甲状腺機能低下症(橋本病)では、FT3、FT4が減少し、TSHが上昇します。

このような方にお勧めします 検査種別 料金
(税別)
検査時間

[甲状腺機能亢進症]

  • 汗をよくかく方
  • 体がほてったり、のぼせたりする方
  • イライラ、ふるえなどの症状がある方
  • 動悸を感じる方
  • のどが腫れていると感じる方

[甲状腺機能低下症]

  • のどが腫れていると感じる方
  • 体温が低い方
  • むくみのある方
  • 夏でも汗をかかない方
  • 皮膚が乾燥している方
  • 脱毛の強い方
  • なんとなくだるい・元気が無いと感じられる方
血液検査 6,800円 --

NT-proBNP検査

心疾患の状態や、高血圧・肥満による心臓への負担を測定します。

NT-proBNP(ヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント)は、心臓から分泌されるホルモンの1つです。

心臓に負担がかかると自覚症状より先に血中のNT-proBNPが上昇しますので、心不全の早期発見に有効な検査です。特に糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満などの症状をお持ちの方は、心臓への負担が危惧されますのでお勧めいたします。

※2013年4月より「BNP検査」から「NT-proBNP検査」に検査方法を変更しております。

このような方にお勧めします 検査種別 料金
(税別)
検査時間
  • 糖尿病の方
  • 脂質異常症の方
  • 高血圧などの疾病をお持ちの方
  • 運動をすると息切れが起こりやすい方
  • 肥満の方
血液検査 3,000円 --

アディポネクチン検査

脂肪細胞から分泌される蛋白(アディポネクチン)を測定します。

アディポネクチンはインスリンの働きを良くしたり、動脈硬化を抑制、心肥大を抑制するなど多くの重要な働きがあるといわれています。

アディポネクチンが減少すると動脈硬化や糖尿病になりやすくなりますので、アディポネクチンの状態を知ることで予防に繋げることができます。アディポネクチンは脂肪細胞が肥大する(太る)と減少し、減量により増加します。

このような方にお勧めします 検査種別 料金
(税別)
検査時間
  • 肥満の方
  • 脂質異常症の方
血液検査 4,000円 --

ピロリ抗体検査

ピロリ菌の感染の有無を調べます。

ピロリ菌は細菌の一種で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃炎の原因として、さらには、胃がんとの関わりが注目されています。ピロリ菌は40歳以上の方の感染率が高いといわれ、胃や十二指腸などの消化性潰瘍が繰り返し起きる場合はピロリ菌が原因の可能性があります。なお、既に除菌治癒された方も、除菌後数年間陽性となることがありますのでお申し込み時にご相談ください。

このような方にお勧めします 検査種別 料金
(税別)
検査時間
  • 胃・十二指腸潰瘍・胃炎を繰り返されている方
  • 検査を受けられたことのない方
血液検査 2,000円 --
人間ドックのお問い合わせ インターネット申し込み メールでのお問い合わせ