受診者の権利・職業倫理
  • HOME
  • 受診者の権利・職業倫理

更新情報

受診者の権利について

医療(健診)は、受診者と医師および医療従事者、医療機関との信頼関係で成り立っております。当人間ドックでは、受診者皆様の権利を認識し、これらを尊重した医療を提供いたします。

  1. 受診者は、良質で安全な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 受診者は、十分な説明と情報提供を受ける権利があります。
  3. 受診者は、健診内容を自ら決定する権利があります。
  4. 受診者は、健診内容について知る権利があります。
  5. 受診者は、健診に関する個人情報やプライバシーが守られる権利があります。 

職業倫理について

当人間ドックの職員は、4つのキーワード「安全」「サービス」「環境」「効率」に基づき、受診者一人ひとりの健康に目を向け、健康の維持・増進をはかることを使命とします。これら使命を果たすことを目的として、次のとおり職業倫理を定めます。

  1. 受診者の人格・人権を尊重し、笑顔と思いやりの心で接するとともに、健診内容についてよく説明し、安心感と信頼を得るように努めます。
  2. 受診者のプライバシーを尊重し、職務上知り得た個人情報の取り扱いについては、厳格に対応し、守秘義務を遵守します。
  3. 医療の公共性を重んじ、健診を通じて地域社会の発展に寄与するとともに、医療従事者として法令遵守に努めます。
  4. 生涯学習の精神を維持し、知識と技術の更なる向上に努めます。
  5. 医療に携わることの尊厳と責任を自覚し、人格を高めるよう努めます。
  6. 他業種の業務を理解し協力することで、最善の医療を実践します。