...

マンモグラフィや超音波による検診を定期的に受けましょう

乳がんはしこりが小さく、リンパ節や他の臓器への転移がないうちに見つけることが大切

...

乳がんは、しこりの小さいうちに発見して適切な治療を行えば、90%以上が治る病気です。そのため、定期的な自己検診およびマンモグラフィや超音波検診によって、しこりが小さく、リンパ節や他の臓器への転移がないうちに見つけることが大切です。

マンモグラフィ検診に関する比較対照試験をまとめて解析した結果、40・50歳代ではおよそ15%、60歳代では30%の死亡率減少効果があるというデータが示されています。

マンモグラフィや超音波による検診を定期的に受けることによって病気を発見するだけでなく、自身の状態を把握することが重要

日本においては、乳がんの患者さんは40歳~50歳代で発生することが多いことから、40歳以上の女性に対して2年に1回のマンモグラフィを用いた乳がん検診を行っています。

...

<正常なマンモグラフィ画像例>

マンモグラフィで乳腺は白く映ります。そして、乳がんもまた白い影として描出されるため、乳腺濃度が濃い若い女性においては病変がマスクされてしまう可能性もあり、マンモグラフィの効果を疑問視する意見もあります。また、国内臨床試験においてマンモグラフィに超音波検査を併用することでがんは見つかりやすくなる一方で、本当はがんではないのに精密検査を受けるリスクはマンモグラフィだけの場合よりも増える、という結果が示されました。

従って、適切な検診方法は個々の乳腺により異なりますが、マンモグラフィや超音波による検診を定期的に受けることによって病気を発見するだけでなく自身の状態を把握することは大変重要であると考えます。


ドクター紹介

アムス丸の内パレスビルクリニック
医師 柴崎 ゆかり

平成20年3月 筑波大学医学専門学群卒業

  • 外科専門医
  • 日本乳癌学会認定医
  • マンモグラフィ読影認定医

乳房の病気を調べる検査

マンモグラフィ検査(乳房X線検査)

腫瘍そのものだけでなく、乳がんの初期症状のひとつである微細な石灰化を捉えるのに適した検査です。

...

注意 以下の方はマンモグラフィ検査をお受けいただくことができませんのでご注意ください。
  • ペースメーカーを装着されている方
  • 豊胸手術をされた方
  • 妊娠中または妊娠の可能性がある方
  • 手術により胸部体内にカテーテルが入っている方(VPシャント術など)

超音波検査

超音波を使った検査です。乳房視触診では見つけにくい深部の腫瘤を見つけ出したり、腫瘤の具体的な大きさや位置、乳管拡張などの変化、性状の観察を行います。

...

年代による乳房検査の選び方

マンモグラフィ検査 乳房超音波検査
~39歳の方
40歳~の方
乳房超音波検査と隔年

マンモグラフィ検査と隔年
50歳~の方

Q&A

質問者
検査の所要時間を教えてください。
マンモグラフィは約15分、乳房超音波検査は約10分です。所要時間は多少前後する場合がございますので、あらかじめご了承ください。
回答者
質問者
授乳中なのですが、検査は受けられますか?
授乳中でも乳がん検査を受けることができます。ただし、授乳中の乳腺はよく発達していて乳腺濃度が高く、マンモグラフィによる診断が難しいことがあります。そのため超音波検査をおすすめします。
回答者
質問者
検査だけでなく、自分で気をつけておくことはありますか?
月に一度は自己触診を行いましょう。自己触診の方法についてはマンモグラフィ・乳房超音波検査をご受診の方々にお渡ししているパンフレットでご案内しております。
回答者
質問者
検査結果で気になる点があります。どうしたら良いですか?
当クリニックでは、人間ドック受診後に「精密検査や治療が必要」と診断された方へ、独自に厳選した医療施設を二次検査先として紹介する医療ネットワークサービスを行っています。詳しくは下記お問い合わせ先へご連絡ください。
回答者

ご予約・お問い合わせ

☎ 03-3211-1171

平日・土曜・第2日曜 8:30-17:00

.

ご注意:マンモグラフィ検査・乳房超音波検査は人間ドック受診の際にお申込みいただくオプション検査でございます。単独でのご受診はできません。あらかじめご了承ください。
アムス丸の内パレスビルクリニック
http://www.ams-dock.jp/palace/